映画の話したすぎるBAR

大阪で月一開催中の映画トークバーの店長によるPodcast&映画バー開催情報

Podcast

第18回『プロミシング・ヤング・ウーマン』「当事者意識」という復讐の刃

投稿日:2021年7月30日 更新日:

リベンジ物としてしっかり作られていながらも、観客さえ「当事者」に巻き込んでくるようなテーマ性、強い。※収録中山口がずっと主人公・キャシーの名前をキャリーと勘違いして発言しています。

映画の話したすぎるBAR店長メンバー

  • 山口
  • 原口
  • まえだ
  • マリオン

-Podcast
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第12回『アンダードッグ』(前後編)&『佐々木、イン、マイマイン』

0:56より『アンダードッグ』前後編、29:44より『佐々木、イン、マイマイン』の話をしています。

第4回【ネタバレ】「最近観た映画③」アリス・スウィート・アリス

こちらのパートでは「アリス・スウィート・アリス」からエンドパートまでの話をしています。 ※10/11 音質が悪すぎたため、可能な限りで音質改善しました。(でも全然音悪いです。) 注釈 アリス・スウィー …

第5回 ふわっふわの理解と知識で語る『ウィズアウト・リモース』

Amazon Prime配信作品『ウィズアウト・リモース』について話しました。 世界情勢や軍事に対する知識も、ストーリー展開の理解も、ふわっとした状態でふわっとした話をしています。 注釈 音声中で、ウ …

第8回『百合の花視点で見る東映実録路線』

70年代に多く作られた東映の暴力団にまつわる映画、いわゆる「東映実録路線」と、植物の百合の花の特性から見るジャンルとしての百合について話しました。 注釈 音声中では「百合史観から見る東映実録路線」とい …

第14回『ライトハウス』希望に狂うのか、絶望に狂うのか。

『ライトハウス』の話をしました。結構ネタバレしているのでご注意ください。監督の前作「ウィッチ」にもネタバレ込みで触れています。 映画の話したすぎるBAR店長メンバー 山口原口まえだマリオン

カテゴリー