Podcast

旧第9回『大阪・週間マガリ 映画の話したすぎるBAR10月』開催後の振り返り

投稿日:2020年10月30日 更新日:

先日開催した「映画の話したすぎるBAR」の振り返りについて話しました。道を歩きながら収録しているのでノイズが多いです。

https://open.spotify.com/episode/5CnMwQM29CT6kAGL6mmQ4g?si=UtIPGObiTQqgPTF2EJy2_g

過去エピソードはこちらから

利用しているPodcastサービスの都合で、10エピソードより前の回が公開されなくなります。過去エピソードはこちらからお聞きください。

https://virtualeigabar.com/category/podcast/

-Podcast

執筆者:

関連記事

第56回(1)『ナイトメア・アリー』オープニング~Twitterアカウント新設しました~

『ナイトメア・アリー』について話しました。オープニングでは最近観た映画などについて話しています。

まえださんはオープニング終盤に参加します。

0:54 Twitterアカウント新設のお知らせ

04:08 アカデミー賞の話

12:13 マリオン近況:アンビュランス
13:38 ストレイ 犬が見た世界

15:55 山口近況:ベルファスト
19:16 映画の話したすぎるBAR3月のエピソード
23:16 週間マガリ『映画ポッドキャスターのPodcastやろうよBAR』開催のお知らせ

25:17 まえだ登場

■メンバー
・山口
・マリオン
・まえだ

■Twitterアカウント新設のお知らせ
バーイベント・Podcast告知用にTwitterアカウントを新設いたしました。
ぜひフォローくださいませ。
https://twitter.com/virtualeigabar

■映画の話したすぎるBARのお知らせ
2022年4月23日(土) 19:00 OPEN~23:00 CLOSE
大阪市北区 天神橋1丁目11-13 2階『週間マガリ』

■お便り募集中
番組の感想、取り上げた作品の感想などお送りください。

・ブログのお便りフォームから
https://virtualeigabar.com/contact

・Googleのフォームから
https://forms.gle/4fziYbvAV7fyaGL79

・TwitterのDMから
https://twitter.com/virtualeigabar

・メールから
mail@virtualeigabar.com

第10回 トラブル続々!ネタバレ炸裂!『キャラクター』漫画と実写のギリギリラインを狙い撃ち

映画『キャラクター』について話しました。冒頭で「モータルコンバット」「アオラレ」「ファスト映画問題」について話しています。 今回は収録中のトラブルが非常に多くなっております。その点ご理解いただき、むし …

第43回(2) 女と男と「メンヘラ」と ~『猿楽町で会いましょう』(+寝ても覚めても) 映画に見るメンヘラ談義~

『猿楽町で会いましょう』と、『寝ても覚めても』を通じて、映画の中に描かれる「メンヘラ」的なるものとはどういったものなのかや、女性と男性の関係性の在りようなどについて話しました。

おのおのの恋愛観や倫理観がぶつかり合う大激論回となっています。

■メンバー
・山口
・原口
・まえだ
・マリオン

■映画の話したすぎるBARのお知らせ
2022年1月29日(土) 19:00 OPEN~23:00 CLOSE ※アルコール提供あり

■お便り募集中
番組の感想、取り上げた作品の感想などお送りください。

・ブログのお便りフォームから
https://virtualeigabar.com/contact

・メールから
mail@virtualeigabar.com

・TwitterアカウントへのDMから
https://twitter.com/virtual_eigabar

第108回(2)『サイダーのように言葉が湧き上がる』見せてほしいキミのその”スマイル”

2021年公開のアニメーション映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』の話をしました。

若者を描くにあたってのショッピングモールとSNSという題材の使い方の的確さ、俳句のストーリーへの取り入れ方のエモーショナルさ、マスクを外すというモチーフのタイムリーさなどについて話しています。

※録音環境の問題で、山口の音声が聞き苦しくなっております。申し訳ありません。

※まえださんは当面の間、収録不参加となります。

第122回(2)『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース 』他者(マルチバース)が押し付ける物語(カノンイベント)に抗え!

『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』の話をしました。

映像面での本作の圧倒的到達度やスパイダーマンというコンテンツが持つ歴史を内包したメタフィクションとしてのつくりの巧みさに言及しつつ、どうしても気になる「カノンイベント」について話しています。