Podcast

旧第10回『ウルフウォーカー』と『羅小黒戦記』と負けていく側の物語~その他もののけ姫・ヒックとドラゴン・アナと雪の女王2について~

投稿日:2020年11月13日 更新日:

アニメーション映画「ウルフウォーカー」をメインに、「羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来」と併せて話をしました。

また、ウルフウォーカーについて話す流れで「もののけ姫」「ヒックとドラゴン」「アナと雪の女王2」について掘り下げて話しています。

注釈

収録中で、アイルランドをイングランドと言い間違えているところがあります。あと、狼をハンターを言い間違えているところがあります。なんでやねん。

過去エピソードはこちらから

利用しているPodcastサービスの都合で、10エピソードより前の回が公開されなくなります。過去エピソードはこちらからお聞きください。

https://virtualeigabar.com/category/podcast/

-Podcast
-

執筆者:

関連記事

第108回(2)『サイダーのように言葉が湧き上がる』見せてほしいキミのその”スマイル”

2021年公開のアニメーション映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』の話をしました。

若者を描くにあたってのショッピングモールとSNSという題材の使い方の的確さ、俳句のストーリーへの取り入れ方のエモーショナルさ、マスクを外すというモチーフのタイムリーさなどについて話しています。

※録音環境の問題で、山口の音声が聞き苦しくなっております。申し訳ありません。

※まえださんは当面の間、収録不参加となります。

第124回(2)『殺し屋1(漫画&映画)』歌舞伎町から君へ、暴力と欲望の哲学(フィロソフィー)

『殺し屋1』について原作漫画と実写映画を併せて話をしました。

本作が持つエクストリームな暴力描写の魅力と、本作の重大なテーマ暴力と欲望にまつわる哲学について話しています。

第121回(1)『怪物』オープニング

『怪物』の話をしました。

オープニングではメンバーの近況の話をしています。

第59回(2)『ハッチング 孵化』雛は産まれて、母を追う。

『ハッチング 孵化』の話をしました。マリオンさんは体調不良によりお休みです。

親を愛さない子はいないが、子を愛さない親はいる。この非対称性の残酷さなどについて話しました。

■メンバー
・山口
・原口
・まえだ

■映画の話したすぎるBARのお知らせ
2022年5月14日(土) 19:00 OPEN~23:00 CLOSE
https://virtualeigabar.com/eiga-bar_2022-05
大阪市北区 天神橋1丁目11-13 2階『週間マガリ』

■告知用Twitterアカウント
ぜひフォローください。
https://twitter.com/virtualeigabar

■お便り募集中
番組の感想、次回テーマ作品の感想、これまで取り上げた作品の感想などお送りください。

・ブログのお便りフォームから
https://virtualeigabar.com/contact

・Googleのフォームから
https://forms.gle/4fziYbvAV7fyaGL79

・TwitterのDMから
https://twitter.com/virtualeigabar

・メールから
mail@virtualeigabar.com

第142回(2)『正欲』”指向”と”嗜好”について思考していこう

『正欲』の話をしました。

「性的指向:恋愛・性愛の対象がどのようなジェンダーに向かうか」と「性的嗜好:性的な好みやこだわり」が適切に区別されてなくない?と話す一方、自分たちも言葉の選択がごっちゃになっていたりしています。