映画の話したすぎるBAR

大阪で月一開催中の映画トークバーの店長によるPodcast&映画バー開催情報

Podcast

第18回『プロミシング・ヤング・ウーマン』「当事者意識」という復讐の刃

投稿日:2021年7月30日 更新日:

リベンジ物としてしっかり作られていながらも、観客さえ「当事者」に巻き込んでくるようなテーマ性、強い。※収録中山口がずっと主人公・キャシーの名前をキャリーと勘違いして発言しています。

■メンバー
・山口
・原口
・まえだ
・マリオン

-Podcast
-

執筆者:

関連記事

第24回 私たち人類は映画の話がしたすぎる ~映画の話したすぎるBAR紹介&フリートーク回~

閑話休題、フリートーク回です。このラジオの開設のもととなった映画の話したすぎるBARの紹介と、私たちはなぜ映画を観るのか、映画の話をするのかなど、パーソナルな話をしています。

■映画の話したすぎるBAR店長メンバー
・山口
・まえだ
・マリオン

■お便り受け付け始めました
番組へのお便りの受け付けを始めました。番組へのご感想などお送りください。

・ブログのお便りフォームから
https://virtualeigabar.com/contact

・メールから
mail@virtualeigabar.com

・TwitterのDMから
https://twitter.com/virtual_eigabar

旧第6回『82年生まれ、キム・ジヨン』と分かってるふりする男。

映画「82年生まれ、キム・ジヨン」の話をしました。分かってるふりする男(私)が分かってるふりする男(デヒョン)の立場をシミュレーションしながら観た話をしています。 過去エピソードはこちらから 利用して …

第79回(1) オープニング 注/プレデター:ザ・プレイのネタバレアリ

今回はフリートーク企画『映画の話したすぎるラジオ映画化妄想企画会議』です。

前半では、メンバーの近況などについて話しています。

注/9:07から23:02の間、プレデター:ザ・プレイについてのネタバレトークをしています。

第119回(1)『TAR/ター』オープニング 新メンバー追加&バー東京開催のご報告

『TAR/ター』の話をしました。

オープニングでは新メンバーとしてオーイシさんをお迎えしたことと、映画の話したすぎるBAR東京開催についてのご報告を行っています。

第119回(2)『TAR/ター』ターも我々も軸がぶれている。

『TAR/ター』の話をしました。

見る評価軸によってあまりに評価がぶれまくるリディア・ターというぶれまくった人物像について、メンバーも軸がぶれまくりながら話しています。