関連記事

第54回(2)『ティム・バートンのバットマン二部作』はみ出し者たちの慟哭を君は聞いたか

『ザ・バットマン』の予習復習として、ティム・バートンのバットマン二部作、『バットマン』と『バットマンリターンズ』について話しました。

■メンバー
・山口
・まえだ
・マリオン

■映画の話したすぎるBARのお知らせ
2022年3月26日(土) 17:00 OPEN~21:00 CLOSE
https://virtualeigabar.com/eiga-bar_2022-03

■お便り募集
番組の感想、取り上げた作品の感想などお送りください。
https://virtualeigabar.com/contact

第111回(2)『エスター ファースト・キル』エスターに悲しき過去…?

『エスター ファースト・キル』の話をしました。

前作「エスター」のネタバレたっぷりに、本作と前作を比較しながら、前日譚としての本作の魅力と巧みさについて話しています。

第147回(1) オープニング〜マエストロ/葬送のカーネーション/窓ぎわのトットちゃん etc…〜

『市子』の話をしました。

オープニングではメンバーの近況の話をしています。

第133回(2)『福田村事件』世界を複雑さに留めるための逆張り

『福田村事件』の話をしました。

ドキュメンタリー作家として知られた森達也監督が劇映画に挑戦したことの意義や、その描き方の是非などについて話しています。

第91回(2) も~っと!『すずめの戸締まり』”ダイジン問題”と悲劇を物語化すること

Twitterスペースに続いて、再び『すずめの戸締まり』の話をしました。

マリオンさんが合流し、ゲストのオス―タ。さん・にしのさんを交えて、本作のダイジンの扱いや近過去の悲劇を物語として描くことの功罪などについて話しています。