Podcast

第159回(2)『私ときどきレッサーパンダ』男3人、母娘を語れるか?

投稿日:2024年3月27日 更新日:

『私ときどきレッサーパンダ』の話をしました。

男3人で母と娘にまつわる関係性の話、家族と個人の話、父親のロールモデルなどについて話しています。

※まえださんは当面収録不参加となります。

■メンバー

・山口 https://twitter.com/awajicinema
    https://bsky.app/profile/bunkai00.bsky.social
・マリオン https://twitter.com/marion_eigazuke
・オーイシ https://twitter.com/pteryx_joe

■月2バー「ちょっと映画の話でも」オープンのお知らせ

山口が店長の映画の話をするバーをオープンします。

毎月第2/第4火曜日 19:00~

初回オープン:2024年4月9日(火) 19:00~

場所:Osaka Metro「長堀橋」駅 徒歩2分「CAFE&BAR DC心斎橋」

詳細:https://chottoeigabanashi.virtualeigabar.com

■映画の話したすぎるBARのお知らせ

日時:2024年3月30日(土) 19:00~23:00

場所:『週間マガリ』大阪府大阪市北区天神橋1丁目11-13 2階
https://magari.amebaownd.com

詳細:https://virtualeigabar.com/eiga-bar

■映画の話したすぎるBAR東京のお知らせ

日時:2024年5月25日(土) 18:00~23:00

場所:『イベントバーエデン日暮里』東京都文京区千駄木3-44-9パレ・ドール千駄木B102
https://eventbareden.com/bar-list/nippori

詳細:https://virtualeigabar.com/eiga-bar_2024-5_in_tokyo

■お便り

https://virtualeigabar.com/contact

■告知用X(Twitter)アカウント

https://twitter.com/virtualeigabar

■番組グッズ販売

https://suzuri.jp/virtualeigabar

-Podcast

執筆者:

関連記事

第83回(2)『雨を告げる漂流団地』コロリド、ジュブナイル創るってよ

『雨を告げる漂流団地』について話をしました。

かなり面倒くさい感じに「ジュブナイル」に求めるものについて話したり、アニメーションスタジオ・スタジオコロリドの方向性などについて話しています。

※まえださんはしばらく収録お休みとなります。

第27回(2) 2021年の『桐島、部活やめるってよ』SNSと、自分を守るためのハコ

「桐島、部活やめるってよ」について話をしました。

前半はメンバー各個人の学生時代のエピソードに絡めた話を、後半はSNS普及以降の「好きなもの」との向き合い方について話をしています。

※初回公開分から分割個所を変更して再公開しました。

■映画の話したすぎるBAR店長メンバー
・山口
・原口
・まえだ
・マリオン

■映画の話したすぎるBAR次回開催:2021年10月16日(土)

詳細は後日決定いたします。

■お便り受け付け始めました
番組へのお便りの受け付けを始めました。以下のいずれかから、番組や取り上げた作品の感想などお送りください。

・ブログのお便りフォームから
https://virtualeigabar.com/contact

・メールから
mail@virtualeigabar.com

・TwitterアカウントへのDMから
https://twitter.com/virtual_eigabar

第92回(2)『ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー』前途多難!揺らぐワカンダの明日はどっちだ

『ブラックパンサー ワカンダフォーエバー』の話をしました。

本作で描かれたワカンダ・タロカン・アメリカ、三国間の政治的関係性の飲み込みづらさなどについて話しています。

第139回(2)『アンダーカレント』ふぞろいの私たち、それでも人生は続く

『アンダーカレント』の話をしました。

登場人物たちのお互いに分かりあってなさ、分かりあっていたりいなかったりしながら続く人間関係の奇妙さ、店長メンバーの人間関係のとらえ方の不揃いさなどについて話しています。

第151回(2)『みなに幸あれ』幸せって何だろ?幸せってなぁに?

『みなに幸あれ』の話をしました。

本作のテーマ「誰かの不幸の上に、誰かの幸せは成り立っている」を下敷きに、幸せってそういうこと?という話や、Jホラーの怖さの源や、映画における余白を埋めすぎることなどについて話しています。