Podcast

第34回(1)『最後の決闘裁判』オープニング

投稿日:2021年11月11日 更新日:

リドリー・スコット監督作品『最後の決闘裁判』の話をしました。録音環境の問題で山口の音声だけ音質が悪いです。

オープニングでは最近観た映画として「ハロウィン KILLS」「アイの歌声を聴かせて」の話を少ししています。

※最後の決闘裁判の話の後編(第3パート)にて「プロミシング・ヤング・ウーマン」「テルマ&ルイーズ」のネタバレがあります。

■メンバー
・山口
・まえだ
・マリオン

■映画の話したすぎるBARのお知らせ
2021年11月27日(土) 19:00 OPEN~23:00 CLOSE ※アルコール提供あり

■お便り受け付け始めました
番組へのお便りの受け付けを始めました。以下のいずれかから、番組や取り上げた作品の感想などお送りください。

・ブログのお便りフォームから
https://virtualeigabar.com/contact

・メールから
mail@virtualeigabar.com

・TwitterアカウントへのDMから
https://twitter.com/virtual_eigabar

-Podcast

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

第129回 フリートーク「触れづらいもの」に触れてみること~マイ・エレメント/ハンチバック/トイ・ストーリー4 etc…~

店長メンバーでフリートークをしました。

火が水に触れること、気づけなかった視点に触れること、トイ・ストーリー4に触れること…フリートークしたら結果的に「触れづらいものに触れること」についての話が多くなりました。

第9回 嫌い、合わない、つまらない!腹切る覚悟で語れ映画ワースト3

第28回のベスト3回に続き、今回は各々のワースト映画について語りました。嫌い、合わない、つまらない。それぞれの角度から語られるワースト映画について、全力で語っています。 映画の話したすぎるBAR店長メ …

第131回(2) 『ミンナのウタ』ヤンチャ系男性アイドルにだって怪奇現象の犠牲者になってほしい!

『ミンナのウタ』の話をしました。

本作のホラーとして良いところにも触れつつ、こうしたほうが良かったと思う!というところについて話しています。注:酷評気味です。

第94回(2)『ある男』象徴化しても、社会から眼を逸らさない

『ある男』の話をしました。

本作の巧みなモチーフ使いや象徴性による作品全体のパッケージング、アイデンティティにまつわる個人の話と社会的な問題提起のバランスなどについて話しています。

第91回(1) 『すずめの戸締まり』レギュラーメンバー1人のオープニング/ゲスト:オス―タ。さん・にしのさん

Twitterスペースに続いて、再び『すずめの戸締まり』の話をしました。

映画の話したすぎるBARの常連にして、週間マガリで短歌喫茶をマリオンさんと共同でオープンするオス―タ。さん・にしのさんにゲストにご参加いただいています。

オープニングでは他メンバーが諸事情で山口以外不在で、ゲストと最近観た映画について話をしています。