Podcast

第150回(1)『カラオケ行こ!』オープニング~BAR東京開催告知&投票のお願い~

投稿日:2024年1月29日 更新日:

『カラオケ行こ!』の話をしました。

オープニングではメンバーの近況の話と、「映画の話したすぎるBAR」東京開催の告知、「第5回 JAPAN PODCAST AWARDS」への投票のお願いをしております。

■メンバー

・山口 https://twitter.com/awajicinema
・マリオン https://twitter.com/marion_eigazuke
・オーイシ https://twitter.com/pteryx_joe
※まえださんは収録不参加です。

■JAPAN PODCAST AWARDS 投票のお願い

『第5回 JAPAN PODCAST AWARDS』リスナー投票部門への投票をお願いいたします!

投票フォーム:https://www.japanpodcastawards.com

締切:2023年1月31日(水)

■映画の話したすぎるBARのお知らせ

日時:2024年1月27日(土) 19:00~23:00

場所:『週間マガリ』大阪府大阪市北区天神橋1丁目11-13 2階
https://magari.amebaownd.com

詳細:https://virtualeigabar.com/eiga-bar

■映画の話したすぎるBAR東京のお知らせ

日時:2024年5月25日(土) 18:00~23:00

場所:『イベントバーエデン日暮里』東京都文京区千駄木3-44-9パレ・ドール千駄木B102
https://eventbareden.com/bar-list/nippori

詳細:https://virtualeigabar.com/eiga-bar_2024-5_in_tokyo

■お便り

https://virtualeigabar.com/contact

※お便りの一部を抜粋してご紹介する場合があります。

■告知用X(Twitter)アカウント

https://twitter.com/virtualeigabar

■番組グッズ販売

https://suzuri.jp/virtualeigabar

■Discordサーバー参加申込

https://virtualeigabar.com/bar_online

-Podcast

執筆者:

関連記事

第30回『空白』”加害者”と”被害者”のゆらぎの狭間で

「空白」の話をしました。本作が語る加害者と被害者の境界線などについて話をしています。

■メンバー
・山口
・原口
・まえだ
・マリオン

■映画の話したすぎるBAR次回開催予定:2021年11月27日(土) 18:00 OPEN~22:00 CLOSE(l.o.21:30) ※アルコール提供あり

※情報は10月18日時点のものです。最新情報はブログからご確認ください。

■お便り受け付け始めました

番組へのお便りの受け付けを始めました。以下のいずれかから、番組や取り上げた作品の感想などお送りください。

・ブログのお便りフォームから

https://virtualeigabar.com/contact

・メールから

mail@virtualeigabar.com

・TwitterアカウントへのDMから
https://twitter.com/virtual_eigabar

第20回『サイコ・ゴアマン』ゴア&スプラッターなファミリームービー

サイコ・ゴアマンの話をしました。録音環境の問題で音質悪めです。

ゴアゴアしくてもしっかりファミリー映画。PG12の指定に則って、家族みんなで観よう。

Parental Guidance(保護者の指導)に劇中ちゃんと意味があるのが面白いね。

■映画の話したすぎるBAR店長メンバー
・山口
・原口
・まえだ
・マリオン

第103回(2) 『バビロン』そびえ立つ其の映画(自己)愛、バベルの如し

他映画Podcastにも複数ご参加されているTaulさんをゲストとしてお招きし、『バビロン』の話をしました。

「雨に唄えば」をはじめとする様々な過去のハリウッドのモチーフの引用から描き出されるハリウッドの栄光と凋落、そしてそれらすべてを飲み込みながら膨れ上がるデイミアン・チャゼル監督の映画に対する憧れと欲望について話しています。

第107回(1)『リズと青い鳥』オープニング

京都アニメーション制作、2018年公開のアニメーション映画『リズと青い鳥』を話をしました。

オープニングではメンバーの近況について話しています。

※まえださんは当面の間、収録不参加となります。

第95回(2)『あのこと』男三人でこれを語っていいですか

『あのこと』の話をしました。

妊娠中絶という男性にとって遠く感じてしまっている(という認識があること自体が問題である)ことについて、男三人でおっかなびっくり話しました。